入院中 暇つぶし

長編歴史物なら司馬遼太郎

関ヶ原〈上〉 (新潮文庫)

私が入院したのは2週間でした。

 

その期間は検査以外は当然することはありません。
TVもあることはあるのですがTVカードを買わないといけないので結構高くてもったいないから買いませんでした。

 

見たかったTVは入院前に録画予約しておいたので、退院してからゆっくり見ようと決め、入院期間中は趣味の読書をすることにしました。
読書はいろいろなジャンルを読んでいて短くて読みやすいのも知っているけど、こういう時間がたっぷりあるときは長いものを読んだ方がいいと思い、歴史物で司馬遼太郎作「関ヶ原」「城塞」の2冊にしました。

司馬遼太郎の「関ヶ原」と「城塞」を読む!

「関ヶ原」はタイトルからわかるように、石田三成対徳川家康のいわゆる天下分け目の関ヶ原で主役は石田三成の方。
司馬作品はほとんどそうですが、2段組みの小説で字の量が多く関ヶ原は約750ページもあって読み応えがあり、いい暇つぶしになりました。

 

城塞 (上巻) (新潮文庫)

「城塞」の方は続編ではないですが歴史的には続きです。

関ヶ原後の「大阪冬の陣、夏の陣」が描かれております。
城塞ははっきりした主役はいませんが、豊臣側は真田幸村や後藤又兵衛を中心に徳川側は家康や井伊直正、藤堂高虎などが出てきます。もちろんその他大勢の武将がでてきます。
こちらも2段組みの約860ページの長編です。

 

さすがに2週間では両方は読みきれずこちらは半分ぐらいで終了。後は退院してから読みました。
時間をつぶすのに読書は最適です。

 

読書以外にも、映画やドラマを楽しめる動画配信サービスで暇つぶしもオススメです。 これで、入院中の退屈な時間が軽減できるかも!?

関連ページ

入院中の暇つぶしに電子書籍のレンタルはオススメです
入院してある程度回復してくると、病室での一日が長く感じることがあります。退院まではまだ先・・・。そんな時の暇つぶし方法を考えていきます!
ゲームと読書で暇つぶし
オススメ暇つぶしはやっぱり「読書」で。
入院してある程度回復してくると、病室での一日が長く感じることがあります。退院まではまだ先・・・。そんな時の暇つぶし方法を考えていきます!
入院中は色々なことをしていました
入院してある程度回復してくると、病室での一日が長く感じることがあります。退院まではまだ先・・・。そんな時の暇つぶし方法を考えていきます!
ああ入院、一日の過ごし方
入院してある程度回復してくると、病室での一日が長く感じることがあります。退院まではまだ先・・・。そんな時の暇つぶし方法を考えていきます!
耳鼻咽喉科に入院していたときの過ごし方
入院してある程度回復してくると、病室での一日が長く感じることがあります。退院まではまだ先・・・。そんな時の暇つぶし方法を考えていきます!
二度の入院体験
入院してある程度回復してくると、病室での一日が長く感じることがあります。退院まではまだ先・・・。そんな時の暇つぶし方法を考えていきます!
週刊誌を隅から隅まで読む
入院してある程度回復してくると、病室での一日が長く感じることがあります。退院まではまだ先・・・。そんな時の暇つぶし方法を考えていきます!