入院中 暇つぶし

2週間の入院での暇つぶし

かかとの粉砕骨折によって手術が必要になり、2週間の入院生活を余儀なくされました。

 

入院生活は人生の中で初めての経験であり、不安もあったのですが、実際には痛みとそして暇との闘いでした。
毎日が同じルーティーンで体温や血圧、便が出ているかどうかのチェックがあるくらいで、その後はたまに消毒、そして毎日短い時間のリハビリがありました。
夜は9時に消灯であり、朝は6時起床という実に健康的な生活です。

 

痛みは仕方がないとして、暇にどのように対処するかに関しては、まず朝6時に起きるとすぐに病棟のエレベーター前に置いてある新聞をすべて読みます。
朝日、読売、そして産経新聞です。
この3つを読むだけで2時間くらいかかります。

iPadでドラマを楽しむ

ベッドから立ち上がろうとすると激痛になるので、ベッドからあまり動きたくない、それでトイレと新聞を取りにいく以外はベッドで過ごすので、ベッドでなにをするかにかかっているのです。
そして妻に図書館に行ってもらい、本を大量に借りてきてもらったり、あらかじめipadにダウンロードしていたドラマを連続してみたりして過ごしました。

 

夕方からはテレビをつけてドラマやニュースを見ることで暇のしのぎました。
最初は退屈でしたが、慣れると居心地がよく、2週間はあっという間に過ぎていきました。

 

申し込みから一定期間は無料で見放題!

管理人も使っている、おすすめの動画配信サービスはこちら

関連ページ

足の骨折で入院してとても退屈でした。
暇つぶしのためにしたこと
入院してある程度回復してくると、病室での一日が長く感じることがあります。退院まではまだ先・・・。そんな時の暇つぶし方法を考えていきます!